image

Vector Cuatro Japan surpasses the 450 MW mark of assets under management

Por June Liu 19 February 2019 0

The company has recently closed two agreements for the management of 17 more solar PV projects totaling 35 MW. With these contracts, Vector Cuatro increases its portfolio of assets under management in Japan to a total of 470 MW.

In November 2015, Vector Cuatro announced the beginning of its activity as an asset manager in Japan for a 3.5 MW solar PV plant, owned by one of the most important companies in the Pacific energy sector. Three years later, the Spanish consultancy surpasses the 450 MW mark, already taking care of the asset management for 28 projects in Japan.

Since 2007, when the company began to operate in the Renewable Energy Industry, Vector Cuatro has been able to increase its portfolio of assets under management to 2,5 GW for operational projects and plants under construction.

Currently, the company manages solar PV and wind power plants in America, Europe and Asia, with Japan being one of its core markets. Vector Cuatro entered the renewable energy markets in Asia first in 2012 as a Technical Advisor and providing support in transaction services for solar PV plants. Since then, the Nippon delegation has grown up positioning itself as a key reference in the local renewable industry with an international client portfolio to which belong the most active banks and companies in Japan.

Besides providing asset management services and support in transactions, the company has also rendered feasibility studies, technical due diligences and consulting services in Japan for projects that total more than 10 GW.


Vector Cuatro Japan アセットマネージメント450MWを超える

最近、Vector Cuatro Japanは、17の太陽光発電プロジェクト、合計35 MWのアセットマネージメントに関する2つの契約を締結した。これらの契約により、日本の運用資産ポートフォリオを合計470MWに拡大した。

2015年11月、Vector Cuatro Japanは、太平洋エネルギー分野で最も重要な企業の1社が所有する3.5 MWの太陽光発電所の資産運用会社としての活動開始を発表した。 3年後、このスペインのコンサルタント会社は450MWを超え、すでに日本国内の28のプロジェクトの資産管理を担当している。

Vector Cuatroは、再生可能エネルギー業界で事業を開始した2007年以来、運用プロジェクトおよび建設中のプラントのアセットマネージメントのグローバルポートフォリオを2.5 GWに増やすことができた。

現在、同社はアメリカ、ヨーロッパ、アジアの太陽光発電所と風力発電所を管理しており、日本は中核市場の1つである。 Vector Cuatroは、2012年にテクニカルアドバイザーとしてアジアの再生可能エネルギー市場に参入し、太陽光発電所の取引サービスを支援した。 それ以来、日本現地法人は、国内の最も活発な銀行や企業に属する国際的な顧客ポートフォリオを持つ地元の再生可能エネルギー業界における重要なコンサルタントとしての地位を確立してきた。

アセットマネージメントサービスを提供するだけでなく、日本国内で合計10GWを超えるプロジェクトのフィジビリティースタディー、テクニカルデュ-デリジェンス、およびコンサルティングサービスも提供している。

Rate this post